絶対におすすめ!50歳からの転職テクニック活用法

*

af9920070516l

1.雇用情勢の変化で中高年者の転職にも明るい兆しが見えてきた

 転職の一般的な需要は若い年代とされる20歳代から30歳代前半が中心となっており、40歳以降になってくると需要はどんどん少なくっていきます。特に50歳を超える中高齢者の求人件数は若い世代のそれと比較するとかなり少なく、その転職事情は厳しいものとなっています。

 若い世代の求職者はスキルや知識は低いにしても給与も低いため、企業としてはその可能性に期待しながら企業に適した人材へと育成していくことができます。一方、50歳以上の求職者は一定のスキルや経験があっても給与も高く、また、自分の仕事のやり方にこだわる方もおられ、企業としては扱いづらく採用を躊躇してしまうことも少なくありません。

 しかし、求人の状況は景気の動向など世の中の動きにともなって変化しており、若い世代だけでなく中高齢者に対する需要も変化しつつあります。リーマンショック以降の景気の低迷で多くの企業が新規学卒者の採用などを抑制してきましたが、このところの景気回復を受けて採用者を大幅に増加させる企業も出てきています。

 また、新規学卒者の採用抑制で手薄になった中堅社員やリーマンショック以降のリストラで減少した中高年社員を補充しようという動きも出始めており、50歳以上の求職者にも大きなチャンスが巡ってきていると言えます。しかし、50歳以上の求人状況は基本的に厳しく、彼らの希望の就職先を見つけ出すことは容易とはいえません。そのため、いかに自分にあった求職情報を入手できるか、相談できるところを探せるかが転職成功のカギになるのです。

2.50歳だからこそ求められる魅力もある

 年齢を重ねるとともに経験を積んでいけばその職務での知識やスキルは向上していきますが、50歳にもなればそれらはピークに達し熟練による高度な業務成果が期待されます。つまり、50歳の転職希望者は他の年代の求職者以上に多くの経験とスキルをもっており、ベテランのいないベンチャー企業やリストラを断行してベテランが不足している企業にとっては即戦力として魅力ある存在といえます。

 また、彼らは若い時から先輩からの指導や自らの工夫・努力によってコツコツとさまざまなスキルやノウハウを習得してきた経験をもっています。そのため彼らは職務上の即戦力としての存在だけでなく、採用する企業にとっては若手社員などにスキルや経験を伝え育成してくれる有難い存在にもなってくれます。

 さらに、50歳以上の方はスキルや知識といった点だけでなく、組織上の重要な役割を担ってきた経験をもっている人も多いです。例えば、30歳代後半あたりからグループリーダーや部門責任者としての任務に就き、部下の指導や支援を行いつつ部門目標の実現に取り組んできた方が多くいます。

 つまり、彼らは組織がその目標に向かって一丸となって進むために必要な組織上の役割を果たしてくれる可能性も大きく、企業にとっては魅力的な存在なのです。

3.今企業は50歳代の求職者に何を求めるか

 景気が急速に回復してきた今日では、雇用情勢が大きく変化しつつあります。ベンチャー企業、中堅企業や大企業も業績の向上とともに事業を拡大させる動きが徐々に現われ始め、その動きに必要な人材を求めるようになってきました。

 企業が事業を拡大させるためには、若い世代の人材とともに彼らを上手くコントロールできる、育成できるマネージャー人材も必要となります。また、拡大化や分散化する事業部門の職務遂行上の質を全社的に維持したり向上させたりするには、やはりそれを導きコントロールできる優秀なマネージャーが必要なのです。
  
 ところがベンチャー企業など創業して間もない企業ではマネジメント経験豊かなベテラン社員はほとんどいません。また、操業期間が比較的長い企業でもリストラなどで管理職クラスの社員が減少していることも珍しくなく、優れたマネージャーが少なくなっている企業もあります。

 そして、このような状況下、その補強の対象者としてマネジメント経験が豊かな50歳代の人材が注目されようとしているのです。組織をまとめたり、引っ張ったりという組織マネジメントの面で、部下のやる気を出せる方法、他部門との協力関係の作り方、経営トップへの根回しのやり方や社外の取引先との連携の仕方などの組織を動かし管理することを企業は高いコミュニケーション力やマネジメント力を有する50歳代の人材に期待しているのです。

4.中高齢者の求人情報が豊富な転職サイトを活用する

 しかし、50歳以上の人材を求める企業を探し出すのは簡単とは限りません。確かに彼らに対する求人件数は増加していますが、やはり若い世代の求人よりも少ないため活用すべき情報源や相談機関を見誤ると転職に漕ぎつぐまでに多くの苦労を伴うかもしれません。

 すべての転職サイトや相談機関が中高齢者に対する案件を豊富にもっているわけでもなく、また、熱心に紹介活動をしているとは限らないので、転職サイトなどでも50歳以上の求人件数の取扱いや転職実績の多いところを調査したうえで、その利用を検討したいものです。

 そして、実際にどの程度紹介してくれるのか、自分の希望に合った案件を探してくれるのか、相談に親身に対応してくれるのかといった点を早めに評価するのがよいでしょう。もし、その相談先の対応が不十分と判断できたなら、別の転職サイトなどに変更するのが賢明です。

 また、ハローワークなどの公的機関に相談するのも有効な方法の1つですが、中小企業の案件が主体で大手企業の案件が少ない、人事担当者の人材ニーズに対する本音などの情報が不足している、という可能性もあるので注意が必要です。

5.今が中高齢者の転職チャンス

 50歳以上の転職希望者の多くの方はその年齢に至るまでの就労期間で豊富な経験とスキルなどを積み上げてこられています。また、知識や技術だけでなく組織マネジメント上の重要な役割を担ってこられた方も少なくありません。そして、そのような人材はリーマンショック以降の長引く不景気の中、リストラなどで減少してしまいました。

 しかし、為替が円安を持続する中景気は回復してきており、企業はその体力も持ち直し事業拡大への動きも見せています。それとともに企業の求人活動も活発化して若い世代の人手だけでなくリストラで少なくなってしまった中高齢者の求人も増加しつつあります。

 ベンチャー企業などではさらなる事業の拡大のためには高いスキルや豊富なマネジメント経験をもつ人材などを求めています。また、中堅企業などでは全社的な業務レベルを向上させるため、質の高い運営システムを取り入れるための人材を求めるようにもなっています。さらに、大手企業などではリストラ後で手薄になったマネジメント層の補強を進める動きも出ています。

 もし50歳以上の方が転職を考えているとしたら、今がその転職の夢を叶える絶好の好機かもしれません。あせらずに信頼できる転職サイトなどを見つけ出し、検討してみてはどうでしょうか。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・30代転職者の支持率No.1の転職サイト!
・転職活動の効率を上げる会員限定機能あり
・スカウトのオファー数に驚き!

公開日:
最終更新日:2015/04/03